「緑の箱」に入っている措置 その1(残留農薬検査)

| コメント(0)
ダソケル案は,規制の対象外になる一連の措置を列挙して,各国政府がそれに補助金を与えることを認めています。

これを「緑の箱」に入っている措置と呼んでおり,次のものを含んでいます。

(1)研究,訓練,助言,販売促進,インフラ整備等の政府の措置。

(2)国内食料援助生産者への価格支持効果をもたらさない所得支持。

(3)所得保険等への政府の財政援助。

(4)災害救済支払い(作物保険制度を含む)。

(5)退職計画または休耕計画を通じて支払われるリストラ援助。

(6)構造調整のための投資補助金。

(7)環境保護計画のもとでの支払い。

(8)地域援助計画の下での支払い。

日本は古来瑞穂(みずほ)の国と称してきました。

コメは日本の歴史,文化,社会,環境と切り離せないものです。

残留農薬検査

コメントする

このブログ記事について

このページは、-が2014年12月13日 17:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コメ保護の関税化 その2(残留農薬検査)」です。

次のブログ記事は「「緑の箱」に入っている措置 その2(残留農薬検査)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。