報復される可能性 その1(残留農薬検査)

| コメント(0)
1992年6月,通産大臣の諮問機関の産業構造審議会が米国の不公正貿易措置リストを含む報告書を公表した際の米側関係者の反応のように,「自分のことを棚にあげておいて,他国を非難できる身か」との反応が必ず出てくる。

これを克服してガット提訴にまで持ち込むためには,米国やECのように,事実はどうであれ,自分のところは自由な市場だという大いなる自負心が必要かもしれない。

報復される可能性はつねにある。

ガット提訴をほのめかせぽ,相手国によっては,「訴えるならやってみろ。

こちらもやり返すそ」という圧力がかかってくる。

完全に自由貿易を実践している国など世界中にどこにもないのだから,ガット提訴をする気さえあれぽ何か問題をさがしてくることはつねに可能である。

コメントする

このブログ記事について

このページは、-が2015年1月 3日 16:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「紛争解決の代替手段 その2(残留農薬検査)」です。

次のブログ記事は「報復される可能性 その2(残留農薬検査)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。