意欲ある農業者の育成 その1

| コメント(0)
農水省は経営感覚に優れた意欲ある農業者の機械化や規模拡大を支援することで構造改革を推進しようとしている。

そのために認定農業者制度を設けている。

経営改善計画を提出させ、それを審査し、合格すれば融資などの特典を与える。

こうして全国に意欲的な農家を増やし、農業の活性化と競争力の強化を計ろうという狙いである。

そこで政策目標として、2004年度までに経営改善計画の認定数を二三万の経営体に行うことにした。

この二三万の農業経営体を先進的な農業推進母体として構造改革を推進しようというのである。

残留農薬検査

コメントする

このブログ記事について

このページは、-が2015年2月27日 15:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「JAS法の改正と取締強化 その2(残留農薬検査)」です。

次のブログ記事は「意欲ある農業者の育成 その2(残留農薬検査)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。