コメの需給調整

| コメント(0)
すでにコメの需給調整を減反といった手法で続けることは限界に達している。

一〇〇万ヘクタールという広大な水田を減反ではなく、コメ以外の耕作地へと本格的に替える必要がある。

それは現行の減反政策、コメの需給調整策の全面見直しを意味する。

政策の目標はほぼ達成された感のある需給調整策だが、その実態は継続することも困難な深刻な危機に直面しているのである。

残留農薬検査

コメントする

このブログ記事について

このページは、-が2015年3月19日 10:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「意欲ある農業者の育成 その2(残留農薬検査)」です。

次のブログ記事は「米国の振る舞い その1(残留農薬検査)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。