早生種を青島種に切り換えるための改植 その1(残留農薬検査)

| コメント(0)
竹平さんは今、早生種を青島種に切り換えるための改植に取り組んでいる。

三ヶ日町の中でもかなり意欲的な農家の一人、と言われるだけあって、全国のみかん産地はもとより、りんごやなしの産地などにも見学に行ったこともあるという。

「自然農法や減農薬をやっている現地も見てきたことがあります。

(農薬を)けっこう減らしてやっているところもありますね。

でも、もし"無農薬"でやってくれと言われてもね、本当に全部買ってくれるというんなら考えないこともないけど、自分からやろうとは思わないね。

人それぞれやり方がありますよ」

コメントする

このブログ記事について

このページは、-が2015年4月18日 11:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「米国の振る舞い その2」です。

次のブログ記事は「早生種を青島種に切り換えるための改植 その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。