農業機械の進歩 その1

| コメント(0)
「昔は、朝早くから日が暮れるまで、田んぼの中をはっていた。

農業は草との闘いです。

放っておいたら、稲か草かも見分けられないほど雑草が伸びる。

昔はこれを全部手で取っていたから、ツメがすり切れていたもんです。

今は除草剤をまけばいい。省力効果は絶大です。

このことのありがたさは、やってみた者でねば、わかんねエ」

農薬の安全性については、「世間で言うほど心配ないはずだ。極端な事例をとりあげて農薬を悪く言うのはどういうもんかと思う」

といい、環境面や効果の面から、「上からまく剤は雨や風に流されやすい。根から吸収させる方が効果的ではないか」と考えている。

残留農薬検査

コメントする

このブログ記事について

このページは、-が2015年5月18日 10:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「外観が品質の基準になる(残留農薬検査)」です。

次のブログ記事は「農業機械の進歩 その2(残留農薬検査)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。