農業機械の進歩 その2(残留農薬検査)

| コメント(0)
「散布機の発達で、作業者が田の中に入らなくてもいいし、防除衣やマスクをつければ、直接身体に触れることも少ない。

決められた通りに使っていて問題が起こったことはないはずですよ。

自分で食べる物にももちろん農薬を使っています。

それから空中散布による一斉防除も街の人は反対するが、効果が上がっているのは確かでしょう。

専業農家は自分でまけばいいが、空散をやめたら兼業農家が、適期防除できなくなる」

農薬の開発と散布技術を含めた、植物防疫技術、そして農業機械の進歩が大きなメリットをもたらしたということだろう。

ただし、これで万々才ということではない。

コメントする

このブログ記事について

このページは、-が2015年5月28日 10:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「農業機械の進歩 その1」です。

次のブログ記事は「農薬の恩恵 その1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。