消費者の食卓にのる作物は安全 その1

| コメント(0)
「残留基準」は、「食品衛生法」に定められていて、市場の農作物を検査し、基準値を超えていた場合には、その作物の出荷を止めることになっている。

それから、「登録保留基準」は、「農薬取締法」に定められているの安全使用基準が決められるまで
だが、これは八百屋店頭の作物をチェックするのが目的ではない。

「この農薬は、○○PPm以上残留しないように使用基準を設定しなさい」

というものである。

「個々の農産物について残留農薬を分析してみると、残留量の多いものと少ないものがあるが、基準値を超えることはほとんどありません。しかし、誰でも特定の食品だけを食べているわけではないので、一週間分の献立てを想定して材料を集め、これらを全部混合して分析してみることもあります。その場合でも、一日当たりの量でADIよりかなり低い数値が得られることが常です」

残留農薬検査

コメントする

このブログ記事について

このページは、-が2015年7月 3日 16:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「農薬の恩恵 その2(残留農薬検査)」です。

次のブログ記事は「消費者の食卓にのる作物は安全 その2(残留農薬検査)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。