X線と農薬上手に付き合って(残留農薬検査)

農薬の場合だけ、人間にも有害じゃないかと何故大騒ぎされるのか不思議です。

自殺や他殺は、作為があってやっていることですから、農薬の善し悪しの問題とは別次元の話でしょう。

作為のある人にとっては何でもいいんですから。

ただ、誤飲などを防止する意味も含めて、農薬の管理をきちんとする必要はあります

○○さんは、使い方で毒にもクスリにもなる。

次に、X線の例をここに紹介しておこう。

「X線自体は非常にキケンです。発ガン性があって皮膚ガンを作る。しかし、だから使用禁止にしようとやめてしまったら、人類にとっては大変なことになる。X線のおかげで、数えきれないほどの命が助かってきたし、将来別の技術が発明されるまでは、これからも助けられるはずです。人類は、X線と上手に付き合って、害を出さずに利益を享受しているのです。農薬についても、是非そのように理解してもらいたいものです」



このブログ記事について

このページは、-が2018年12月 9日 11:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無農薬ブーム」です。

次のブログ記事は「天然物でも合成物でも危険なものはある」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。